社長のごあいさつ

本日、2018年9月期第3四半期の決算発表を行いました。

「2018年9月期第3四半期決算短信」に記載の通り、当第3四半期連結累計期間(2017年10月1日から2018年6月30日まで)における当社を取り巻く環境は、欧州においては米国との貿易摩擦による対立はあるもののテロや難民流入の懸念が後退したこともあり、個人消費は堅調に推移しました。 米国では雇用・所得環境の改善等を背景に個人消費の増加に支えられ景気回復が続きました。国内においても、原油高や世界的な保護主義的傾向の高まりにより先行きに不透明感はあるものの、堅調な企業業績やインバウンド需要により景気は概ね順調に推移しました。 アジアでは、中国と米国の動きに翻弄される部分もありましたが、景気は依然堅調に推移しております。

高級二輪乗車用ヘルメット市場においては、欧州市場は、堅調な個人消費に支えられドイツ、フランス、イタリア等全地域において依然底堅く推移しました。

北米市場は、二輪新車販売は依然停滞しており、ヘルメット市場も横ばいで推移しました。

日本市場は、堅調な個人消費に支えられ126cc以上の二輪新車販売が増加に転じており、ヘルメット市場はシニア層を中心に高級品、複数個所有の傾向から増加しました。

アジア市場は、全体で依然景気が拡大しており、中国での中大型二輪車販売は以前程の伸びはないものの増加しており、ヘルメット市場も堅調に推移しました。

このような状況の下で、当第3四半期連結累計期間における日本、海外を合わせた販売数量は、前期よりタイトな生産状況による期ずれもありましたが、前年度比8%増加となりました。 欧州市場は、新製品は好調に販売できましたが、大手販売店の在庫調整により、販売数量が前年度比5%減少となりました。北米市場では、昨年10月より販売代理店を1代理店制から2代理店制へ移行しましたが、既存代理店が移行に先立ち在庫を圧縮したこと、3月より出荷の新製品の販売が好調であることにより、販売数量は前年度比72%増加となりました。日本市場は、新製品の効果もあり当社からの販売は堅調に推移しており販売数量は前年度比10%増加となりました。アジア市場では、全体の販売数量が前年度比13%増加となり、中国市場は、8月からヘルメット規格の変更が発表された影響があったものの前年度比17%増加となりました。

当第3四半期連結累計期間の業績につきましては、売上高は12,669,971千円と、前年同期比1,822,355千円(16.8%)の増収、営業利益は製品売上が増加したことにより2,936,820千円と、前年同期比390,366千円(15.3%)の増益となりました。経常利益は2,947,628千円と前年同期比383,684千円(15.0%)の増益となりました。また、税金等調整前四半期純利益は2,948,478千円と前年同期比400,763千円(15.7%)の増益、親会社株主に帰属する四半期純利益は2,018,831千円と前年同期比263,015千円(15.0%)の増益となりました。

通期業績予想数値につきましては、新製品効果による好調な受注と為替円安の影響、また、米国における代理店の2社体制も奏功し、連結売上高は17,200百万円(前回予想比5.8%増)の増収、営業利益は3,610百万円(同1.4%増)の増益となる見通しであります。

また、7~9月期の為替所要額について、1USドル=111.47円、1ユーロ=131.25円で為替予約を実行済みであり、その結果、今回想定した7月以降の為替(1USドル=110.00円、1ユーロ=128.00円)と比較して為替による利益増(26百万円)が見込まれますので、経常利益は3,640百万円(同2.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は2,550百万円(同4.9%増)となる見通しであります。

なお、通期見通しの為替相場は、当社換算レート:1USドル=109.48 円(前期比△1.44円)、1ユーロ=131.36 円(同+9.00円)、海外子会社換算レート(2018年6月29日現在):1USドル=110.54円(前期比△1.46円)、1ユーロ =127.91円(同△0.06円)であります。

また、期末配当予想につきましては、1株当たり当期純利益(185円16銭)の50%相当額である92円00銭(前回予想比4円00銭増)に修正いたします。

株主の皆様を始め、お客様並びにお取引先におかれましては、何卒より一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2018年7月27日

株式会社 SHOEI 代表取締役社長
石田 健一郎

ページの先頭に戻る