Made in Japan
─ グローバルブランドSHOEI ─

Made in Japanのプライド

世界中のライダーに最高の安全性を

極限のスピードで戦うレーシングライダーと大自然に囲まれて心地よくツーリングを楽しむライダー。走る環境は違っても、SHOEIは等しく最高の安全性能を提供したいと考えています。

全てのライダーがアクシデントに遭遇するリスクを負っていることは事実であり、その万が一の際に衝撃を可能な限り分散・吸収し、頭部に伝わる衝撃エネルギーを軽減するのがヘルメットの使命です。

SHOEIは、開発から生産に至るまで日本国内の専門知識をもつ技術者と熟練したスタッフによる社内一貫生産体勢。卓越した技術力と蓄積した経験、最新鋭の生産設備とクラフトマン シップが融合した茨城・岩手の2工場で造り出される製品は、ライダーのみならず過酷な条件下での使用が想定される白バイや自衛隊でも使用されており、プレミアムヘルメットの名に ふさわしい性能と品質を保ち続けています。

Made in Japanだからできること、Made in Japanにしかできないことがあります。世界中のライダーに最高の安全性を提供するために、SHOEIはMade in Japanにこだわるのです。

茨城工場

X-Fourteen

風洞実験設備

グローバルブランドSHOEI

日本で生まれ世界が認めたプレミアムヘルメット

日本国内で開発・生産し、アメリカや欧州の拠点でも流通からアフターサービス、マーケットリサーチを行うなど、SHOEIの活動はワールドワイドで進行。高い品質と安全性、ライダー の満足度を追求し、世界中のライダーのニーズをリアルタイムで取り入れながら生産した製品は40ヶ国以上に輸出されています。これはその性能や品質が世界中のライダーから認められ た証であり、SHOEIは現在、世界のプレミアムヘルメット市場においてトップシェアを維持し続けています。

岩手工場

自衛隊仕様ヘルメット

ページの先頭に戻る